フードロス削減に対応

弊社の飲食事業部では、コロナ禍において、飲食店への営業時間の短縮や休業要請により多くの食材が行き場を失ったことで、フードロスが改めて注目されることになりました。


2020年度のCSR活動「子育てママ応援企画」お弁当100食を無料配布では、行き場を失った多くの食材を活用いたしました。そこで「子育てママ」や「農家をはじめとした生産者」の皆様から、温かい感謝のお言葉やお手紙をたくさん頂戴いたしました。


これらの活動を通じ、飲食事業部を中心とした「食品ロス削減」対策をNEXUS SDGs プロジェクトの一環として取り組んで参ります。




フードロスの定義

「フードロス(食品ロス)」は、本来食べられる食品なのに捨てられてしまうことによる損失を指します。大きく2種類に分けられ、食品製造・卸・小売業、外食産業など事業活動によって出る「事業系フードロス」と、家庭から出る「家庭系フードロス」があります。

世界の食料廃棄は年間約13億トンで、人の消費のために生産された食料のおよそ3分の1の食料が破棄されているといわれています。


取り組むべきこと

これまでの業界の慣習を見直し、新しい発想で継続的にフードロス削減の仕組みを構築してまいります。