避難経路図の名刺を活用

D'STATIONでは、産業医による店舗巡視への取り組みのひとつとして、緊急時の対策と備えの観点より、ホールで働くすべてのスタッフへの「避難経路周知方法」が議題になりました。そこで避難経路を記載したPOPを全店舗で作成し、業務中はダスターポーチに入れて持ち歩きします。この避難経路図の裏側には、SDGsプロジェクトへのORコードを記載しており、社員だけではなくすべてのスタッフの皆さんに取り組みを共有しています。